音域を広げるトレーニング

音域を広げるトレーニング:腹式呼吸法

カラオケで歌う時に、高い音や低い音が出なかった経験はありませんか?その原因は、極端に音域が広い曲を選んでしまったせいか、あなたの音域(声域)が狭いためです。音域を広げて上手に歌いたいという夢はみなさんあるはずです。しかし、実際にはどうしたら良いのかわからないため、二の足を踏んでしまっています。

 

音域(声域)を広げるためには、いろいろと方法がありますが、一番簡単ですぐ効果が期待できるのは、自宅で出来るボイストレーニングです。腹式呼吸法で音域(声域)を広げる事ができます。腹式呼吸をすると体中の空気の循環が良くなるため、健康面でも効果が現れます。話している時の声も、声が腹から出ているような、太くてブレのない音が出て来るようになります。

 

腹式呼吸法によって音域(声域)を広げられるようになると、今までカラオケで歌えなかった高いパートや低いパートも、一定の音量で歌えるようになってきます。音域(声域)を広げるために、そしてカラオケを上達させるために、自宅でボイストレーニングしてみましょう。

音域を広げるトレーニング方法:音程を無理やり合わせるトレーニング

声の音域が狭いと、音域の狭い単調な曲は歌えますが、サビで高音に切り替わるような歌などを歌いたい場合、音域の狭さは問題になってきます。

 

トレーニングをして、今現在の自分の音域を超えることができます。活躍している歌手の方々も、トレーニングによってああいった美声が出るようになったのです。もちろん人それぞれ、得意な高さというのがありますが、そこから多少音域を広げる事は、素人でも可能です。では、音域のトレーニングをしたい場合、どうすればいいでしょう。

 

音域を広げるには、まず導いてくれる音がなければいけません。最初は、音を聞いて、その音がどれだけ高いのか、低いのか、その音に合わせて発声すると効果的です。

 

人と一緒に歌う機会があれば、他の人々に合わせて歌う事ができるので、高音までついていく事ができますが、ご自分で練習したい場合は、楽器(特にピアノ)があれば、それに合わせて、自分が出せない音域までついていこうとしてみてください。その練習を繰り返していくと、音域のトレーニングの効果がでてきます。

プロの歌手を目指すなら・・・

音域 広げる,音域,広げる,音域 トレーニング