音域が狭い原因

音域が狭い原因

カラオケが得意な人は、まるでその曲の歌手のように、見事に曲を歌い上げる事が出来ます。低音から入るイントロもしっかりと声が出ています。途中のサビで、ウェーブのようにメロディーが高音になる時も、音を外す事なく、しっかりとついていけます。そのような人々は、一般の人と比べると、音域が広いほうだと言えます。

 

音域とは、人が出せる音の事です。音域が広い人は、高音から低音まで歌いこなせます。逆に極端に音域が狭いと、歌う時に支障が出てきます。例えば、低い方に偏って音域が狭い人は、曲の途中で高音に切り替わったりすると、音を外したり、声が出なくなったりします。音域が狭い単調な曲なら歌いきれますが、そうではない曲の方が多いので、音域が狭い人はカラオケに苦手意識を持っているかもしれません。

 

音域の広さは人によって様々です。これは元々の声帯の幅が違うこと等が原因となってきますので、それ自体を変えるわけにはいきません。そこで、トレーニングによって、その差を埋める事が必要になってきます。

プロの歌手を目指すなら・・・

音域 狭い,音域,狭い